短時間OK!パート・バイト看護師求人ガイド
*
短時間OK!パート・バイト看護師求人ガイド > 子育てと仕事の両立 > 復職する看護師さん向け【子育て支援制度】について

復職する看護師さん向け【子育て支援制度】について


看護師の復職に役立つ子育て支援制度

子育てしながら看護師として働く
小さなお子さんがいるママさんナースの復職

常勤看護師としてまた仕事も頑張りたい、という方もいらっしゃると思います。

非常勤・パート看護師として、勤務時間を少なめにしたり、短時間勤務を希望されるママさんナースも多いと思います。

この記事中では、主に常勤看護師として子育てと両立しながら働く上で役立つ、子育て支援制度についてまとめてみたいと思います。

院内託児所・保育所などに関しては、非常勤・パートでも利用出来る場合も多いですね。

子育て支援制度に関しては、職場ごとに独自で制度を導入しているものもありますし、もちろんそれぞれの事情によって制度が無いものもあったり、なかなか利用されていない場合もあります。

制度を利用するにあたっては、それ以前の勤務年数などが条件としてある場合が通常ですから、転職してすぐ利用出来る訳ではありません。

これからお子さんをお考えの看護師さんは、そうした事を考慮して子育て支援制度が充実した病院などに転職をしておく、といった事も検討されてみても良いかもしれませんね。

もしこれから、ご覧になっている看護師の皆さんがお住まいのエリアにて、子育てをしやすい病院への転職をお考えであれば、職場の詳しい情報を持つ看護師紹介会社などを介して、どういった福利厚生や子育て支援制度があるかを確認してもらう事をオススメいたします。

制度利用者の実績なども合わせて確認してもらう事もオススメです。

産休制度

最も利用者も多く、知名度が高いと思われるのが産休・育休制度ではないでしょうか。
(取得せず、退職される方も多いですが)

産休とは「産前休業」「産後休業」の総称となります。

産前(6週)+産後(8週)=14週

産前休業に関しては、職場の状況や看護師さん本人の意向、体調などもありケースバイケースが多いようです。

双子以上の場合には、

産前(14週)+産後(8週)=22週

ということになっています。

ただ、出産日に関しては予定日ピッタリに生まれることありますし、ズレることも実際多いですよね。

ですから、期間に関しては必ずしも上記にはならない事も多いです。

産前休暇は出産予定日の6週間前から「申請によって」取得可能となります。
産後休暇は出産翌日から8週間、原則として「就業禁止」となります。

育休制度

育児休暇についてですが、こちらは「子供が1歳になるまでの期間、希望する期間、育児のために休業することが出来る」というものとなります。

育休取得の条件としては、

・1年以上、同じ職場で働いている事
・子供が1歳になった後も、継続して働く見込みがある

といった条件があります。
(もう少し細かい場合もありますので、職場ごとに確認をされることをオススメします)

育児休暇期間に関しては、基本的に、お子さんが1歳の誕生日を迎える前日とされます。

が、実際には、生後6ヶ月(もっと早い場合も)などで復帰されるママさんナースも多いです。

「早く復帰して!」

人手不足の職場の場合、こうした事を言われる場合もあります。

職場やご家庭の経済状況によって前後する事が多い、というのが実際のところではないでしょうか。

また、職場によっては1年以上取得させてもらえるところもあるようです。

職場により、産休・育休に関して対応はかなり違いがあると言って良いでしょう。

もし将来的に取得の予定があるようでしたら事前に情報収集されると良いかもしれません。

育児休業給付金

育児休業給付金についてです。

育児休業給付金は育休中にもらえるお金のことですね。

育児休業中は病院からは給料が出ませんので、育児休業給付金の申請をぜひ行ってください。
本人が加入している雇用保険から給付を受けることが出来ます。

赤ちゃんが1歳になるまでの期間育児休業給付金を受けることが可能です。
理由がある場合には、最長1歳6ヶ月までとなります。

育児休業給付金でもらえる金額ですが、

・育児休暇開始~180日目:月給の67%
・育児休業開始から181日目以降:月給の50%

となっています。
(2014年4月から最初の180日間が増額となっています)

育児休業給付金の給付を受けられる条件

育児休業給付金の給付を受けるには、

・雇用保険に加入している
・満1歳未満の子供を育てるために育児休業をしている
・過去2年間に11日以上働いた月が、12ヵ月以上ある
・育児休業中に、勤務先から1ヵ月に月給の8割以上のお金を貰っていない

などの条件があります。

受給資格があるかどうか分からない、不安という場合には所属する職場で確認される事をオススメいたします。

育児休業はそもそも「育児のために会社を休むための制度」ですから、退職した方、退職予定のある方は対象外となります。

申請期限や、2ヶ月ごとに申請が必要な事にも注意したいですね。

育児休業を取得される場合、受給資格がある場合には忘れずに申請したいです。

短時間正職員制度

職場によっては「短時間正職員制度」がある場合も。

この短時間正職員制度があるかどうかによって、産休・育休を取得してその職場で復職するかどうかが大きく変わってくるのでは、とも思います。

育児と仕事の両立は大変です。

特に長時間労働、残業、夜勤などを考えると、非常勤として働く事を選ぶママさんナースが多いのは納得です。

しかし、非常勤は社会保険の適用が無く、また退職金も無しと、やはり雇用が不安定となりますね。

しかし、そこで「短時間正職員」として働く事が出来れば社会保険、退職金のほか福利厚生もそのままと待遇も安定します。

経験を積んで育った看護師に、産後もそのまま働いて欲しい、ということで育児支援制度として「短時間正職員制度」を導入している病院も増えています。

フルタイム常勤よりも労働時間を短くして働く事が出来ます。

・フルタイムよりも所定労働時間が短い勤務
・一日の所定労働時間が短い(例:1日5時間、週5日勤務等)
・一週間の所定労働日数が少ない(例:1日8時間、週4日勤務等)

と言ったことで、日本看護協会にケースとして掲載されています。
関連:働き続けられる職場づくりを支える制度や取り組み|看護職のワーク・ライフ・バランスとは

実際の勤務については職場によって違いがありますが、ママさんナースにとってはいずれにしても働きやすくなり、子育てと両立しやすい働き方となります。

もし利用出来れば、メリットは非常に大きいと思います。

夜勤免除制度

小さな子供がいるママさんナースの働き方で、大きな負担になるのが「夜勤」です。

夜勤免除制度がある病院も実は多いんです。

6時間勤務、夜勤免除で働く事が出来ると、かなり楽に仕事も続けていけるのではないでしょうか。

注意点としては、多くの職場で夜勤免除は自己申請となっている点です。

人数によっては免除してもらいにくい、といった事情もあるでしょう。
上司との普段からのコミュニケーションも大きく影響してくる可能性もあります。

申請者であるママさんナース本人の心理面から、職場の同僚にこれ以上(自分が勤務の負担を軽減する事で)さらに負担をかけて良いのかな・・・悩むケースもあるかもしれませんね。

ただ、育児に理解のある職場では取得しやすくなっていますから、夜勤免除に関しても上司に一度相談をされる事をオススメいたします。

院内託児所・保育所

院内託児所・保育所
主に病院となりますが、お子さんがいるスタッフ(医師、看護師、薬剤師、栄養士、事務スタッフなど)のために院内託児所・保育所を完備したところも増えています。

施設内、敷地内に託児所・保育所があることで様々なメリットがありますね。

・送迎のための時間が掛からない
・同じ施設内、敷地内に子供がいるため、何かあればすぐに対応出来る安心感
・早番、遅番でも安心
・融通を利かせてくれやすい場合も
・もし残業になっても、延長保育料が掛からないことも多い
・病児・病児後保育対応の保育所もあり(小児科のある病院などの場合)

小規模、保育内容などデメリットが感じられる院内託児所などもあるのですが、小さなお子さんを預ける場合には、メリットの方が大きいと感じられるママさんナースが多いのでは、と思います。
一緒に子供を連れて出勤、帰る前に迎えに行けるのは時間的にメリットがありますね。

もし、空きの関係上、自宅からも職場からも遠方の保育所に子供を預けた場合。
送迎だけでも負担がありと大変です。

「熱が出たので、お迎えにきてください!」

といった時などもあるでしょうから、それらを考えると院内託児所・保育所を利用する時間的なメリットは非常に大きいと思います。

また休憩時間などにも、隙を見て様子を見に行きやすいなどメリットがありますね。

看護師の復職に役立つ子育て支援制度 まとめ

ここまで、子育て支援制度について掲載をいたしました。

院内託児所・保育所などは整備している病院、一部クリニックと増えてきてはいますが、敷地の問題であったり、経営状の問題から逆に閉鎖しているケースも散見されます。

ただ、全体としてはお子さんがいる看護師さん含め、スタッフの働きやすさのために整えている職場が増えてきていると言って良いでしょう。

病院や職場により育児中のママさんナース始め、各部門のスタッフがが働きやすいように様々な支援制度、福利厚生を整えています。

これから転職、復職先をお探しになる場合には、将来的な利用の可能性なども含め、子育て支援制度に関しても情報収集をされておくと良いのではないでしょうか。

また、職場の育児に対する理解や、同じように育児中のママさんナースが何人くらい働いているか、といった情報も合わせて確認される事をオススメします。

職場の情報に詳しい看護師紹介会社などを介して確認をされる方法が、看護師さん本人として楽ですからオススメいたします。

また、関連記事として、

子供優先で働ける病院の看護師求人

もご参考にして頂けると嬉しいです。


短時間OK!パート・バイト看護師求人ガイド

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


復職する看護師さん向け【子育て支援制度】について関連ページ

ママナース、子育てしながら働ける病院に転職する!
目次1 子育てと両立して働きやすい病院へ転職したい!2 ママさんナース一人ひとりで違う「子育てしながら働きやす […]
ママ看護師の働き方
目次1 看護師の仕事、子育てを両立したい!ママ看護師の働き方2 常勤・正社員への復職でオススメ「時短勤務」3 […]
子供が小学生 午前中働きたいママ看護師向け求人
目次1 子供が小学校入学、午前中のみ勤務のパート看護師求人を見つけたい2 非常勤・パート看護師求人に強い、オス […]
ママ看護師求人 託児所完備で働きやすい病院
目次1 ママさんナース向け求人、院内託児所・保育所完備!看護師求人1.1 院内託児所・保育所完備の病院なら、子 […]
ママ看護師おすすめ!短時間 派遣看護師求人
目次1 育児と両立しやすい働き方、短時間での看護師派遣2 勤務条件が相談しやすい事も看護師派遣会社を活用するメ […]
ママさんナース 病院選び
目次1 子供あり、ママさんナースが働きやすい病院、職場選び2 ママさんナースおすすめ 看護師紹介会社 子供あり […]
看護師 子供が小学校の間 短時間パートで余裕を持って
目次1 育児と看護師の仕事、両立は短時間パートで余裕を持って働きたい2 小学校時代は思った以上に忙しい!余裕を […]
小学校低学年 ママさんナース復職、歓迎する求人
目次1 小学校低学年に子供あり 看護師復職を歓迎してくれる求人先2 子供が小学生の頃が一番働くのが難しい? 小 […]
子供あり、夜勤無しで働きたい看護師求人探し
目次1 子供がいて夜勤が出来ないママさんナースの仕事探し2 夜勤無し、日勤のみ看護師求人 おすすめ看護師紹介会 […]
幼稚園ママ 働きやすいパート看護師求人
目次1 幼稚園の子供がいるママ看護師、働きやすいパート看護師求人2 子供が幼稚園に通っている間だけ、時短で働く […]