ママナースが働きやすい職場 看護師パート・バイト求人
*

扶養内103万円、130万?看護師パートどちらが良い?

看護師 パート 扶養内

扶養内103万円、130万 どっちが得なの?

看護師パートで注意したいのが扶養範囲の年収ですね。

扶養の範疇には103万円と130万円がありますが、どちらが良いのでしょうか?
パート看護師賭して働く時の悩み
まず103万円は所得控除の金額です。年収103万円以下なら所得税が掛からないんですよね。ただし1円でもオーバーすれば所得税が掛かります。内訳としては…

基礎控除38万円+給与所得控除65万円=103万円

となっています。

上記範囲なら配偶者所得がゼロとなり、旦那さんの配偶者控除を受けられます。結果的に家計の所得税が安くなるわけです。

ただし年収103万円の壁は、そこまで考慮しなくても良いでしょう。年収141万円未満なら配偶者特別控除を受けられますので。

配偶者特別控除とは、段階的に控除を受けられる仕組みですね。年収103万円以下はフルに控除を受けられますが、年収141万円まで、少しずつ減りながらも控除を受けられます。

そうは言っても、年収130万円の壁には注意して下さい。年収130万円未満なら健康保健の被扶養者となり、社会保険料を納める必要がありませんが、130万円を超えると扶養から外れることになります。

扶養から外れれば国民年金保険料を自分で納めることになるんですよね。国民年金の保険料は物価に合わせて上下動しますが、平成27年度は1カ月当たり『15,590円』となっています。

年額187,080円ですね。

その金額は「所得税や住民税の負担よりも重い」と言われていますし、年間20万円近く支出するのは家計のダメージも大きいのではないでしょうか。

年収130万円は月収11万円で達する数字なので、看護師パートを行う上で気を付けると良いですね。

一般的なパートで月10万円稼ぐのは大変ですが、看護師は高時給で働きやすいので、気付けば月11万円を超えていた、年130万円を過ぎていた…というケースも充分に考えられます。

しかし年収160万~180万以上の病院や介護施設が見つかった場合は、配偶者の扶養から外れても、トータルで考えれば収入が上がるケースが多いそうです。

その場合はパートの範疇に収まらないかもしれませんが、最初はパートから始めた後、正社員へ誘われることがあれば、年収180万円以上を一つの基準にしても良いと思います。

旦那さんの扶養範囲内を優先するなら、やはりベストな年収は130万円未満と言えるでしょうか。

年収103万円の範疇が最も良いですが、その金額を超える場合も、年収130万円の壁は越えないように気を付けたいですね。

ママ看護師 扶養内パートでの復職、注意点

ブランクありママ看護師の復職に、パートから働き始めるのはとてもオススメ!です。

子供の年齢・成長度合いにもよりますけれど、いきなり常勤で復職して長い時間、家をあけると不安定になる事も多いんですよね。。

ずっと一緒にいたママが長い時間居なくなることで、夜泣きが始まったり、食欲が落ちたり、お友達に噛みつくことが増えたり・・・色々な影響が出ることも考えられるんです。

もちろん、そうした事が全然無いお子さんもいますけれどね。

こればっかりは、実際に働いてみないと分からない、といったところでもあります。

ママ看護師が扶養内のパート勤務で復職する時の注意点について、見ていきたいと思います。

ママ看護師、子育てに理解のある職場で働く事

復職支援のある病院で働く
子供あり、ママナースに理解のある職場で働くことはとても大切ですね。

お子さんを保育園に預けて働きに出るママ、子供が幼稚園に入園したので午前中だけパート勤務を希望しているママ、色々な方がいると思います。

働いていて困るのが、

保育園や幼稚園からの急な呼び出し

ではないでしょうか。

朝は元気だったとしても、登園後に急に熱が出たり、嘔吐したり、と言った事もありますからね。
病児保育対応でなければ、基本的には熱があればお迎えに行かなくてはいけませんよね。

保育園や幼稚園としては、感染病がやっぱりこわいですから、

病院に連れて行って、結果を教えてください

と言われる事も多いです。

そのためには、早退して小児科へ連れて行く必要があります。

パート勤務であっても早退や急な休みが取りやすい事が、育児中のママ看護師にとっては大切な働きやすい職場の条件といえますね。

看護師紹介会社を利用して復職先を探す場合、職場にママ看護師が何人いるか、急な休みなどは取りやすいかどうか、師長や看護部長は育児経験者か、育児に理解があるか、と言った事も確認をしてくれます。

ママ看護師が働きやすい職場を探すためには、情報収集がとても大切ですからね。
こうした看護師紹介会社の情報収集能力はぜひ活用してみてください。

扶養内できちんと給与を抑えてくれる職場で働く

滅多に無いとは思いますが、扶養内で給与が納まることをしっかりと考慮してくれる職場で働くことが大切です。

ご主人の会社で家族手当などが支給されている場合には、特に気を遣う必要があります。

忙しい時期は、パートも含めて看護スタッフをやり繰りする事もあるでしょう。

その際、年度末についシフトを多めに引き受けてしまって、うっかり扶養範囲外まで給与を得てしまった・・・といった事の無いように、自分自身でも「あと何時間は働いても大丈夫」と計算しておく事が大切と言えます。

看護師はパートの場合も高時給が多いですからね。
労働時間、出勤日数については職場任せにせず、自分でも毎月把握しておくと安心です。

残業無しの職場で働く事

日勤のみで働く看護師
基本的にはパート看護師は残業無し、という職場が多いです。
後は常勤ナースが頑張るから、時間が来たらパートさんは早めに切り上げて帰って良いですよ。

そうした職場が多いです。

しかし、病院やクリニックによってはそうした雰囲気は無く、忙しい間はパートも帰れない・・・落ち着くまで1時間くらいはいつも残業しています、といった職場もあったりします。

小さな子供がいるママナースにとって、残業は本当に困るもの。
残業代も発生してしまうと、扶養内で抑えたいのに計算が複雑になってしまいます。

そのせいでシフトも減らさないといけないかもしれません。

パート勤務をする際は、事前に残業無しで働ける職場かどうかは確認されておく事をオススメします。

有給休暇がきちんと取得出来る職場で働く

パートでも、有給休暇がもらえます。
職場の方からは、言われないことが多いと思いますので・・・念のため取得出来るかどうかを確認しておくと良いですね。

パート勤務でも一定条件を満たせば、有給休暇が付与されます。

子育て中の場合には、子供の急な病気で休みが必要な時に有給休暇が使えると助かりますよね。
給料がその分、減らなくて済みますからね。

条件を満たしているのに有給休暇が付かないのは、おかしいです。

しっかりと確認される事をオススメいたします。

【関連記事】
ママナース、子育てしながら働ける病院に転職する!
扶養範囲内OK看護師求人


短時間OK!パート・バイト看護師求人ガイド

ママさんナースが働きやすい仕事、職場の探し方

当サイトでは育児と看護師の仕事の両立を目指すママさんナース向けに記事を掲載しています。
ママさんナース向け求人が多い看護師紹介会社、派遣会社を活用して希望条件で働ける職場探し、求人探しをぜひしてみてください。

 

扶養内103万円、130万?看護師パートどちらが良い?関連ページ

パート看護師でも賞与・ボーナスあり
看護師パート ボーナスあり パート看護師にもボーナス・賞与あり、という職場もあります。 常勤看護師ほど高額なボーナスではありませんが、少しでも支給があるのは嬉しいですね。 通常、パートにボーナス無しですからね。 「パート […]
看護師パート扶養と扶養外、どっちが得?メリットがある?
看護師パート 扶養内・扶養外のメリット・デメリット 看護師がパートで働く場合、扶養内、扶養外とで働き方も大きく変わりますよね。 「パートで働きたいけれど扶養内、扶養外、どっちが得な働き方なのかな?」 と迷われている看護師 […]
扶養内8万5千円で働ける看護師パート求人
目次1 扶養範囲内で働けるパート看護師求人2 扶養範囲内、パート看護師として働く際に気をつけたい事 扶養範囲内で働けるパート看護師求人 看護師さんの中には、扶養範囲内で働く事が出来るパート看護師求人を中心にお探しになって […]