短時間OK!パート・バイト看護師求人ガイド
*

結婚後 看護師の働き方


結婚は看護師としての働き方を見直す良い機会

結婚を機に働き方を見直される看護師さんは多いです。

看護師同士でご結婚をされるカップルでも、夜勤が少なめの職場へ異動してすれ違いの時間を減らすようにしたり、ご主人が土日祝日が休みの会社員であれば、外来へ異動したり、クリニックへ転職したり。

子どもが出来るまではお金を貯めたい!ということで夜勤あり常勤でお仕事を続けられる看護師さんももちろん多いですね。

独身時代と結婚後の生活は、やはり大きく変わる事が多いです。

せっかく結婚しても仕事が忙しくてなかなか会えず、すれ違うの時間が多いのは寂しいですよね・・・

そのため、夜勤や残業が多い職場からの異動、転職をされる方も意外と多かったりします。

それまでの仕事で人間関係など少なからず悩みを抱えている看護師さんの場合、良い機会と退職や転職をしてしまわれる方も実は多いタイミングでもあります。

退職理由としては、辞めやすいというのはありますよね。

結婚後、こんな働き方をしたいな、というイメージをお持ちの看護師さんも多いのではないでしょうか。

結婚後の看護師の働き方

看護師
結婚後、どういった看護師としての働き方の選択肢があるでしょうか。

夜勤無し、日勤のみの職場への異動、転職

夜勤があると、どうしても家族とのすれ違い時間が増える事になります。

平日の夜勤であれば明けもご主人はお仕事で、夜遅い帰宅ともなれば寝る前の短時間だけしか一緒に過ごす時間が無い、といった日常も珍しく無いでしょう。

そのため結婚後は夜勤無し、もしくは夜勤少なめの職場へ変えられる看護師さんも多いですね。

外来が人気なのはそうした理由もありますね。

外来看護師は既婚、ママナースばかり、という病院も少なくないでしょう。

結婚は異動も認められやすいタイミングですし、退職をするにしても引き留めに合う事も少ないのではと思います。

働き方を見直す良い機会である事は間違いありません。

残業無しの職場へ転職

看護師の職場として、残業有りが常態化しているところも少なくないと思います。

ほぼ毎日残業2時間、といった状況ではご家庭の時間が減ってしまいます。
家族のすれ違いの大きな原因ともなりますから、残業手当よりも時間が欲しい、ということで残業無し、残業ほぼ無しで日勤で働く事が出来る職場へ転職される看護師さんも多いですね。

・クリニック
・健診センター
・赤十字血液センター、献血ルーム
・訪問看護
・外来

などへ転職をお考えになる方も多いです。

非常勤・パートとして働く

結婚後、非常勤・パート看護師として働く方も多いですね。
残業無し、時間の融通も利きやすいですし、休みも取りやすいです。

収入は減っても家庭を優先したいという看護師さんや、お子さんを考えている場合には結婚後、非常勤での働き方を希望される方も多いといえます。

子育てしやすい病院へ転職しておく

育児と両立、扶養範囲内でパート勤務
実際、子育てしやすい病院、子育てしながら働くには向かない病院とあります。

将来的にお子さんを考えている場合、あらかじめ院内託児所・保育所完備、子育てしやすい病院に転職しておく選択肢もあります。

産休・育休にしても申請するには在職期間がある程度必要な場合も多いですしね。

福利厚生の充実した病院を選んでおくのも良いかもしれません。

出産後、復帰してからも夜勤免除、子供手当、介護休暇など充実している病院もあります。

職場の子育て中ママナースへのサポートも重視したいですね。

お子さんが4人いて、毎回しっかりと産休育休が取れて復帰できているママさんがいるような病院もあります。

師長や看護部長の考え方もポイントですね。

そうした職場の詳しい情報に関しては、看護師紹介会社を利用する事で情報収集をしてもらう事も出来ます。

子供優先で働ける病院の看護師求人

などもご覧になってみてください。

結婚は看護師としての働き方を見直す良い機会です。

今後の家族のあり方、目指す家族像なども含めて、相談する時間を取ってみることもオススメです。


短時間OK!パート・バイト看護師求人ガイド

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


結婚後 看護師の働き方関連ページ

連休が多い病院、クリニック 看護師求人
目次1 ママナースに嬉しい!連休が多い病院、クリニックってあるの?2 連休が欲しい看護師さんにオススメの職場3 […]
ママ看護師へオススメ!夜勤無しの職場
目次1 看護師の仕事と子育ての両立!夜勤無し、日勤のみの働き方2 ママナースへオススメ!夜勤無しで働ける看護師 […]