短時間OK!パート・バイト看護師求人ガイド
*

小学生のいる看護師の働き方


小学生の子供がいる看護師の働き方

小学生の子供がいる看護師の働き方について。

少しずつ自立し始め、出来ることがふえる小学生。看護師として働きやすくなるかな・・・と期待していたものの、思った以上に働くための制約が増えてお困りのママ看護師は多いのではないでしょうか。
学校が終わった後、どうするかを考えなくてはいけませんね。
学童を利用するか、祖父母が近ければ帰宅後をお願いするか。それとも子供が小学校から帰ってくる前に帰宅出来るパート看護師の働き方にするか。
看護師として働く職場選びも重要です。

夜勤無しの常勤で働きたい場合、パートで短時間を希望する場合。
どちらの働き方も、

医療ワーカー

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

などの看護師紹介会社を利用して探すことが出来ます。
ぜひ、活用してみてください。

子供が小学生になったら看護師として復職したい

ある程度、子育てが落ち着いたら復職しよう!と思っている,ママさん看護師の方は多いと思うのですが、お子さんが何歳になったら復職しようとお考えでしょうか?

復職のタイミングって、とても大切だと思っています。
育児と両立しながら働く
お子さんが小学生になったら復職しよう、と思われている方もいらっしゃるかもしれませんね。

小学1年生にもなれば、やっぱり幼稚園の頃とは違い、思った以上に自分で出来る事も増えますし、体も丈夫になってくるのか病気もすごく減ってきます。

幼稚園生の頃はあんなに風邪で休んでいたのに!
という子も、今年は皆勤賞、というくらいに元気に登校していたりします。

周りでも結構そういう子は多くて、ホント幼稚園の頃より風邪も引かないし、熱も出ないよね!という話はママ友と話していると出ますね。

そういった意味では子供が小学生になれば、急な休みが必要になることも減りますから、働きやすくはなるとも言えます。

しかし、環境によっては意外と子供が小学生になると長時間働くのは難しかったりするんですね。
これは実感します。

小1の壁とは

小1の壁のとはズバリ、子供が保育園時代よりも働きにくくなる、ということを言います。

子供が小学校に上がって、出来ることも少しずつ増えるし働きやすくなるのでは?と考えている上の世代は多いのではないでしょうか。

しかし、かえって両立を目指す女性にとっては小学校に子供が上がることで働きにくくなるんですよね・・・

小学校は帰宅が早い!長期休みがある!

小学校、それも1年生は帰宅時間が早いです。
午後2時過ぎには帰ってきます。
延長保育なんかは当たり前ですが、ありません。
また夏休み、冬休みなど長期休暇もあります。
夏休みは自由研究もありますね。
これが大きな負担!というママパパは多いでしょう。
(ほっといたら自由研究、やりませんからね)

小学校1年生に上がる事で、ハッキリ言って仕事と子育ての両立のハードルが上がります

ママさんナースの中にも、子供が小学生になったので常勤からパートに働き方を切り替えた、という人もいます。

学童もありますが、そちらも結構一杯ですし常勤で残業なり、夜勤ありの働き方は無理かな・・・というママさんナースは多いのではないでしょうか。

学童も終了時間が17時、18時といった早い時間です。
保育園とはやはり違いますよね。

そうしたことを考えると、やはり子供が小学生の間の看護師としての働き方は、パートが一番働きやすいのかなと思えてきます。

PTA・役員会は基本、平日の昼間

小学校にもよるとは思いますが、うちの子が行っている小学校は子供1人につき親は1つ役を持つというもの。
我が家には3人子供がいますが、上の子が6年生の時に3人全員が小学校に通う状況になります。
ということは、3つ役をすることに・・・そうした恐ろしい事態がもうすぐやってきます。
どうやって時間をやり繰りすれば良いの!!と思ってしまいます・・・
(働いているママさんの中には、平日は無理と最初から無断欠勤を貫く人もいたりします。さすがにそれはちょっと・・・と思いますけどね)

子育て中の働き方、仕事との両立は、子供が小学生になってもまだまだ悩むことだらけですね・・・。

子供が小学校だと看護師として働きにくい?

夏休み中の過ごし方
繰り返しになりますが、なにせ小学生低学年の頃は帰宅時間が早いです。

2時過ぎには帰ってきます。

児童会館などもありますが、高学年と上手く遊べないようで行きたがらないんですよね。。

午前中のみ、もしくは午後2時くらいまでのパート看護師としての勤務であれば問題無く働けるかと思いますが、もっと長い時間働きたい、フルタイムに近い勤務をしたいと思っていた、といったママさんナースの場合には、働きにくいと感じる事は多いですね。

保育園、幼稚園時代の方が延長保育なども活用しやすく、働きやすかったという声もあったりします。

夏休み、冬休み、春休みとありますから、この間はお仕事を休んだり、出勤日数を大幅に減らしたりしているママさんも多いですよ。
勤務調整に応じてくれる職場でないと、難しいかも知れません。

どのくらいの勤務時間、パート看護師として働きたいか
これによっては思ったように働く事が出来ず、ストレスが溜まるかもしれませんね。

小学校高学年、中学校に入学した頃からは長時間働きやすくなる場合が多いです。

中学校で部活に入ると帰宅も夕方になるでしょうから、それまで働く方は増えますね。
(部活によっては親の出番が多くて、かえって働きにくい事もあったりします)

どれくらい働く事が出来るかは、本当に環境次第ともいえますね。

子供が小さい頃から復職して働いているママさんナースの多くは、祖父母が積極的に育児に協力してくれる場合が多いです。

何かあれば預かってくれる。

共働き夫婦にしてみると、これってものすごく助かりますよね。

うちは滅多に預かってくれなかったので、専業主婦時代が長かったですが・・・。

パートとして復帰しても午前中のみ勤務、長くても午後2時まででした。お迎えがありますからね。
末っ子が幼稚園に入園してから、本格的に復職の事を考え始めましたね。

それまではブランクが空きすぎないように、不定休の夫が休みになった日に単発・スポットで働く事が出来るバイトを時々するなどでしょうか。

子供の夏休み・冬休み、パート看護師の働き方

子供が夏休み!どう看護師として働く?

特に幼稚園、小学生のいるお子さんは、夏休み・冬休みといった子供たちの長期休暇中の働き方についても考えておくことが重要です。

こうした長期休暇のことも考えて職場を探さないと、普段と同じ働き方をしなくてはならず、子供にも無理をさせてしまうことになります。

場合によっては働き方を巡って職場でトラブルも起こしかねません。

子供の夏休み中、冬休み中のパート看護師の現実的な働き方として、

短時間で働く

という方法がオススメですし、実際に働き方として選択されるママさんナースが多いのではと思います。

短時間だけなら留守番ももう出来る年齢になっていると思います。
ピンポンはでなくて良いからね、など注意事項はしっかりと約束する必要はあります。

子供の学校の長期休暇中は勤務日数を減らしてもらう

という方法もあります。

普段、週4日、5日とそれなりに出勤されているのであれば、子供の夏休み中は週3日のパート勤務に減らしてもらうなどの方法もあります。

子供の長期休暇中のママナースの働き方は、職場次第!?

子供の学校が夏休み、冬休みといった長期休暇中のパートのママナースの働き方として、

・短時間で働く
・勤務日数を減らしてもらう

といった方法を考えることが出来ますが、いずれも職場次第にはなります。

人数が揃っている職場で、なおかつ子育てに理解のある職場であれば、シフトを調整しあって短時間パート勤務、日数を減らすなど可能かもしれません。

人数が普段からギリギリな病棟、クリニック、といった職場に勤務されていた場合、夏休み中だからと特別扱いしてもらえない可能性もあります。

こうしたことを考えると、パート看護師として職場探しの段階がとても重要となってきますね。

夏休み、冬休み中の働きやすさも考慮してパート先となる職場を探す。

思い切って子供の休みに合わせて看護師の仕事も休む!といったことも考えないでもないですが、なかなか現実には難しいといえます。

パート看護師でも勤務を調整してもらうには、常勤看護師やパート看護師の人数が多いことが必要条件といえます。

規模の大きな病院がやはり、職場選びとしては候補といえるでしょう。

面接時に、子供の夏休み中はこうした働き方にしたい、と言っておくことも重要ですね。

子供が小学生になったら、常勤から非常勤・パートの働き方へ切り替える

ママさんナースが多く働く病院
子供が小学生になったら看護師としての働き方を、より融通の利きやすい働き方、非常勤・パートへ切り替えるママさんナースも多いです。

小学校低学年は帰宅時間が早いですし、学童も利用出来たとしても遅くまで預けることができません。

常勤で仕事を続けるのは難しい、ということを小学1年の壁で実際に実感されるママさんナースは多いと言えます。

家族の誰かが子供を見ることが出来ない場合には、ママがやはり働き方を変える必要がある、というご家庭は多いのではないでしょうか。

非常勤・パートでどういった働き方をするかを考えることも必要になりますが、今度は時給での給与となります。

それまで常勤看護師として勤務されていた場合には、収入(世帯収入)が下がりますから、それに合わせた家計についても検討する必要があるかもしれませんね。

子育てと両立のために常勤からパート看護師へ働き方を切り替える際、注意したいのは転職先となる職場によってはパートであっても残業がある可能性です。

パート看護師求人に強い看護師転職エージェントを利用して、ママさんナースが働きやすい職場かどうか、事前に情報収集を依頼することが大切になりますね。

もし今の勤務先で雇用形態の切り替えが難しい、といった場合には、子育てと両立しやすい病院などを転職先として探す必要はありそうですね。

短時間、パート勤務がやっぱり楽?かも

色々考えると、お子さんが小さい間は無理なく働く事が出来るパート看護師としての勤務が良いかもしれませんね。
少なくとも、周りでは常勤で働くママさんはいなかったです。

実際、周りのママさんナースは子供が小さい間は午前のみ、短時間パート勤務で働いている方が多かったです。

無理なく働く事。

これが一番、家族にとって大切なのかなと思います。

もちろん、働きやすい職場探しも重要です。

自宅からの通勤時間も重要ですよね。
遠いとお迎えに間に合いませんから、出来るだけ近くの病院、クリニックなどが見つかると楽です。

色々と働きやすい職場探しのために希望条件などあると思います。

自分で希望条件を満たす看護師求人を探すのって大変ですから、パート看護師求人の情報量も多い、看護師紹介会社を活用してお探しになることをオススメしたいと思います。

【関連記事】
子供が幼稚園の時間、パート看護師として働きたい!
看護師 子育て中の悩み(小学校入学以降)
子供優先で働ける病院の看護師求人


短時間OK!パート・バイト看護師求人ガイド

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


小学生のいる看護師の働き方関連ページ

ママナース パートから常勤へ転職
目次1 ママナース パートから常勤へ転職2 まだまだ子育て中、育児中に理解のある職場の常勤看護師求人3 看護職 […]
復職する看護師さん向け【子育て支援制度】について
目次1 看護師の復職に役立つ子育て支援制度2 産休制度3 育休制度4 育児休業給付金4.1 育児休業給付金の給 […]
ママナース転職 子育てしながら働きやすい病院に転職する!
ママナース 働きやすい病院への転職 ママナースの転職について。子育て、家庭と看護師の仕事を両立するのは大変です […]
ママ看護師の働き方
目次1 看護師の仕事、子育てを両立したい!ママ看護師の働き方2 常勤・正社員への復職でオススメ「時短勤務」3 […]
子供が小学生 午前中働きたいママ看護師向け求人
目次1 子供が小学校入学、午前中のみ勤務のパート看護師求人を見つけたい2 非常勤・パート看護師求人に強い、オス […]
ママ看護師求人 託児所完備で働きやすい病院
託児所完備の看護師求人 小さなお子さんがいるママさんナースが復職、転職する際の条件として「院内託児所完備である […]
看護師 子供が小学校の間 短時間パートで余裕を持って
目次1 育児と看護師の仕事、両立は短時間パートで余裕を持って働きたい2 小学校時代は思った以上に忙しい!余裕を […]
小学校低学年 ママさんナース復職、歓迎する求人
小学生 ママナース 働き方 目次1 小学校低学年に子供あり 看護師復職を歓迎してくれる求人先2 子供が小学生の […]
子供あり、ママナース向け夜勤無し看護師求人
ママナース向け 夜勤無し看護師求人 夜勤ありで働く職場が多い看護師の職場。でも、小さな子供がいると夜勤に入るの […]
幼稚園ママ 働きやすいパート看護師求人
目次1 幼稚園の子供がいるママ看護師、働きやすいパート看護師求人2 子供が幼稚園に通っている間だけ、時短で働く […]