短時間OK!パート・バイト看護師求人ガイド
*
短時間OK!パート・バイト看護師求人ガイド > 育児の悩み > 看護師 子育て中の悩み(小学校入学以降)

看護師 子育て中の悩み(小学校入学以降)


育児と両立、看護師として働く中で多い悩みって?

お子さんが小学生にもなれば、かなりの事を自分で出来るようになりますし、学校に行っている時間も幼稚園よりは長くなりますから、子供が小学校に通い始めるタイミングでパートや常勤として看護師の仕事に復帰される方も多いですね。
子供が小学生、パート看護師求人として復帰
派遣として勤務時間を限定して復職される方もいらっしゃるでしょう。
派遣看護師求人であっても未経験歓迎であったり、ブランクあけナースを積極的に採用しようという求人が見つかる事もあります。

介護施設、高齢者施設に多いでしょうか。

その場合、看護師さんそれぞれでブランク期間は違ってきますが、ブランク期間が7年、8年といった方も少なくありませんね。

この時期に多い看護師の悩みとしては、やはりブランク期間が長いことで思っているように仕事が出来ない、と言ったこと。

また、小学校にあがると保育園・幼稚園の時よりも学校行事も増えますし、PTA、役員会議、茶話会・・・思ったよりも出席しなければならない会も多いんです。

少子化により、親の負担も増加

例えば私たちが小学生時代だった頃よりも少子化ということで、1学年が少ない小学校も多いです。

もちろん、1,000名を超える児童数を誇る小学校も地域によってはありあすが、昔よりは少ないです。

ちなみに私が小学生だった頃は1クラスに45人、それが4クラスあって・・・といった感じで全校生徒で考えると1,000名の児童を超える小学校って多かったんですが、長男が通っている小学校は1年生が2クラス、合わせて70名ちょっと。
ですから、全校生徒が500名くらいなんですね。

約半分です。

そうなると、親の数ももちろん減りますから、PTAなども半強制で担当が割り当てられています。

仕事を持っていても関係無しです。
今は専業主婦の人って、とても少ないですね。周りを見ても。
みんな仕事を持ちながら、学校のそうした事に参加しています。

ですから、会議やイベントがある時には休みを取って出席する人が大半です。

子供が小学校に通い出すと、そうした学校行事、PTA関連などにかかる時間が増えてきますので、思ったよりも休みが必要!

でも、そんなに休みが取れない・・・といった事で悩まれる場合も多いようです。

子供の習い事(スポーツ、塾)もあります。最初は一人で行けないでしょう。

そうした時間のやり繰りで悩んで仕事を再度、退職される方もいます。

思ったよりも両立が出来なかった。。もう少し落ち着いたらまた再就職先を探そう・・・と言うことですね。
家族の協力が得られない場合、どうしても時間のやり繰りがつかず働きに出るのを止めてしまう、という事につながりやすいようです。

祖父母が近くに住んでいる、といった事であればまた話は違うんですけれどね。

子供が小学生、パート看護師として復職する方も多いです

子供が小学校に入学後、パート看護師として復職される方は多いですが、それはやはり非常勤・パートの方が休みも取りやすいですし、勤務時間も時短勤務にしやすいから、といった事があります。

キャリアを追求したい看護師さんにとっては物足りない仕事内容、役割になる事も多いですが、子供を優先して働く事を考えた場合、やはりパート看護師として復職するのが現実的な選択ではないでしょうか。

パート看護師求人であれば、9時~13時、14時までといった勤務条件で探しやすいです。

午前のみ勤務OKもありますしね。

パート看護師求人に関して情報収集をしやすい看護師紹介会社を、

子供が大きくなるまで、パート看護師として働くメリット

ブランクあけ復職歓迎 パート看護師求人

といった記事中でご紹介しています。
こちらも合わせてご覧になってみてください。

短時間であっても看護師として働きたい、といった希望をお持ちの方は、ご家庭の状況に応じて働きやすい職場探しをされてみてはいかがでしょうか。


短時間OK!パート・バイト看護師求人ガイド

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓